FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tagalog143.blog.fc2.com/tb.php/1037-65a0832f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

寂しい女の物語

 
Merong isang malungkot na babae sa isang bayan,
ある街に寂しい女がいた。
Maruh ang kanyang pangalan. 35 taong gulang na siya pero wala pang asawa.
彼女の名前はマルー、35歳だが夫はいない。
Nakapunta siya sa Japan para mag japayuki.
彼女はジャパユキとして日本に行ったことがある。
Ngunit ayaw niya ang maging pokpok dahil masamang itong trabaho.
しかし彼女は売春婦になるのが嫌だった、なぜなら悪い仕事たからだ。
Ayaw niya ang mga matatandang hapon, mabaho na maingay pa!
彼女は年取った日本人が嫌いだ。 臭くてしつこい。
Pero wala siyang magagawa dahil kailangan
nyang magpadal ng pera sa Pilipinas.
しかし彼女はどうしようもなたった。彼女はフィリピンにお金を送る必要があるからだ。
Tatlong -taon makalipas, nagpasya siyang tumigil
sa kanyang trabaho at umuwi na lamang sa Pinas.
3年がたち 彼女は彼女の仕事を止めることを決意し、ただフィリピンに帰っただけだった。
Ayaw niyang tumanggap ng maraming lalake at syempre
mas gusto niya ang buhay sa Pinas sapagkat walang masamang
hapon na gumugulo sa buhay niya kaya masaya siya dito.
彼女は多くの男たちを受け入れるのが嫌だった。そしてもちろん彼女の生活を混乱させる悪い日本人がいない
フィリピンの生活のほうが好きだ。だから彼女はここ(フィリピン)が楽しい。
Gayunpaman, matagal-tagal na rin siyang walang kasintahan sa Pinas.
しかし長いことフィリピンに彼女は恋人がいなかった。
Syempre wala din siyang parokyano kaya dahan-dahan ay nagiging
makati na siya.
もちろん彼女はお客がいないので だんだん彼女は痒くなった(Hをしたくなることを痒くなると表現する)
Malungkot siya sa araw-araw.
彼女は毎日寂しかった。
Isang araw,narinig nyang nag-uusap tungkol sa masturbation ang dati nyang
kasamahan na pokpok.
ある日 彼女は売春婦仲間がオナニーについて語ってるのを聞いた。
Wala siyang alam sa bagay na iyon at hindi pa niya ito nasubukan.
彼女はそんなことを知らなかったし試したこともなかった。
Araw ng linggo, pumunta siya sa palengke at nakakita siya ng pipino.
日曜日に 彼女は市場に行ってキュウリを見つけた。
Nagdilat ang kanyang mga mata dahil may bigla siyang naalala na kasukat nito.
彼女の両眼は大きく開いた、なぜなら彼女は急にこの同じサイズのものを思い出したからだ。
Binili niya ito at dali-daling pumunta sa knyang kuwarto.
彼女はこれを買って急いで彼女の部屋に行った。
Sinubukan niya ito.
彼女はこれを試した。
Inilagay niya sa gitnang parte ng kanyang katawan, paulit-ulit.
彼女は彼女の体の中心部分に繰り返し入れた。
Ngunit hindi niya ito nagustuhan.
しかし彼女はこれを気に入らなかった。
Kung kaya't binigay na lamang niya ito sa kanyang tatay.
だから彼女はこれをお父さんに上げた。
Ano to? san mo galing to? ang sarap-sarap naman nito!",
なにこれ? お前はどこで? とってもうまいこれ
wika ng kanyang tatay.
彼女のお父さんの弁だ
"hindi ko alam", ang tanging naisagot na lamang niya.
知らないわ と彼女は答えただけだった。
Ngunit mas makati pala ang kanyang tatay.
しかし彼女のお父さんはもっと痒くなった。

Pumunta siya sa tindahan at bumili ng mantikilya.
彼女はお店に行ってバターを買った。
Umuwi siya sa kanilang bahay dala-dala ang mantikiliya at
inilagay niya ito sa gitna ng kanyang binti.
彼女はバターをもって家に帰りそしてこれを彼女の脚の真ん中に置いた。
Pagkatapos nun, pumasok ang kanyang aso, at tapos na ang problema nya!
その後 彼女の愛犬が入ってきて彼女の問題は終わった!
- Katapusan
終わり
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tagalog143.blog.fc2.com/tb.php/1037-65a0832f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。